33回生同窓会

2011/11/29 20:41 に Yoko Fujiwara が投稿

 2011年1127日(日)皇居外苑の「楠公レストハウス」にて、33回生の同窓会を開催しました。卒業20年目の同窓会から6年ぶりの開催でしたが、これを期に幹事を持ち回りとして、継続的に開催していくことが決まりました。互いの近況報告では、仕事の話題に加えて、家族の病気や体調の変化にふれる話題もあり、歳月の流れを実感しましたが、みんな前向きで明るいところは変わっていません。

当日のお料理は「江戸エコ行楽重」といい、旬の素材と伝統的な調味料を使った、江戸の食文化をおいしく体験できる特製のお重です。四段重ねの小さなお重の中に、細やかな工夫をこらした十数種の手作り料理がぎゅっと詰まって、見た目も美しくお味も大変結構でした。

「江戸エコ行楽重」は、江原絢子先生(14回生、東京家政学院大学名誉教授)、東京ガスのエコ・クッキング推進委員会、楠公レストハウス料理長によって共同開発されたもので、児童・生徒の食育イベントでも大人気だそうです。家庭科教師の皆さま、遠足や修学旅行にいかがでしょうか。ぜひ、みなさまもご利用ください!

 

「楠公レストハウス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真1)

今回の出席者は15名ですが、出席できなかった方とも全員コンタクトがとれ、元気でいることがわかって安心しました。写真中央は、楠公レストハウス料理長の安部憲昭氏。
 

(写真2)

安部料理長による食育プチ講座。江戸の料理のご説明につづき、料理に使っている高級調味料や、彩り鮮やかな新種の野菜などもご紹介いただきました。
 

(写真3)

これが「江戸エコ行楽重」です。お飲物付きで2,100円(税込)とお得です。少食な方には、お刺身(与の重)を除いたプラン1,575円(税込)もあります。前々日の16:00までに要予約。

 

来年の33回生同窓会の期日が早くも決定しました!! 20121028日(日)どうぞお楽しみに!!

 

 

 
Comments